見取り図(補強案、その1)



見取り図(補強案、その1)
上記、見取り図の、大引、根太の場所をより正確に描写しています。


大引きは4本あります。
左端から、105*105、115*90、125*105、100*100となっていました。
(重力と垂直方向*重力と水平方向(床に並行方向))で記載。

束については、全ては測っていませんが、左端のものですと、100*130でした。

根太については、
35のものが多く、サイズがバラバラで、50や60の物もありました。

部屋差のサイズは、縦、横、3740*4640でした。



(補強案、その2)



大引の割れについて:写真1:写真、右側が、図面での上に当たります。

大引の割れについて:写真2:同じ大引きの右端(図面での上の部分)